Sexy☆Bozu〜あなたとしたいセクシー文章修行

2匹の黒猫、娘、息子、そして美人妻と過ごす懺悔の日々

子どもと何を話したらいいか分からない父親へ

この記事をシェアする

●子どもと何を話したらいいのか分からない。

「いや、学校の話聞けば良いのよ」

と嫁。その通りだと思う。
ただ、うちの息子・娘は恵まれていて、

「今日はどうだった?」

なんて、まずお義母さんが聞いてくれる。
とても楽しそうに語っているところを私は見たことがある。

その後に、

「どうだった?学校」

嫁も聞くのだ。

さすがに面倒そうに答えることはないが2回目だ。
子どもたちも慣れたように、シンプルに端的に学校であったことを伝えていた。

自分が聞くとなると3回目である。

「うん、おもしろかったよ」
「行ったら楽しかった」

いや、さらに聞けばいいのだよ?

「何が楽しかった?」
「えぇ!?・・・体育かな」
「何したん?」
「サッカーサッカー」

もう話し足りてる、お腹いっぱい、そんな感じがひしひしと伝わってくるのだ。
当然、自分が嫁より先に帰ってくることもある。
でも、疲れて帰ってきたこの子どもの反応を、母である嫁が受け取るのはかわいそうではないか。

甘んじて私が受けようではないか。
ダメ父にも役割があるのだ。

ま、もっとも今は回避ということで、「学校のことを聞かない」という戦術をとっている。

しかし最近様子が変わってきた。

●共通の話題

この間も述べたが、ニュースを見ない。
そもそもテレビを見ない。

そんな私だが、家庭でとあるアニメが流れるようになった。

f:id:sexybozu:20211119112631j:plain

転スラこと『転生したらスライムだった件』である。
家族で1話から観ているのだが、私がハマってしまった。

「今日の夕方いつ観る?」
「お風呂入った後にする??♪」
「よっしゃ、さっさと入っちまうか。息子!風呂洗ってくれ!」
「はいよぉ♪」

一緒に観る。
そして観た後、感想をのべ合う。

「捕食者の力強すぎだね」
「なんでも食べてまうもんな」
「早く人間の姿になんないかなぁ」
「鬼が出てくるの楽しみじゃない?」
「あの人たちもなんか頼もしい感じやんね」

めっちゃ会話はずむ。
リムル様々である。

昔、彼女と会話することがなくて、一緒によく映画を見に行った。
同じ体験を共にする。
これが一番会話にはいい。

共通のスラングも生まれる。

「うぅ、ただいまぁ。腹減った・・・」
「お父さんが、ユニークスキル『飢餓者(飢える者)』を獲得しました。オークロードへの進化がはじまります(世界の声)」
「ぅぅぅぅぉおおおおお!だーれーがーぶーたーやぁぁぁぁ!」

楽しい。